株初心者のためのデイトレード

株初心者のためのデイトレードで稼ぐ方法についてまとめております。デイトレードとは日計り取引として、株を持ち越さず時間外での大きな出来事によるリスクが少なく絶対リターンを追及するので、インフレの影響がほとんどありません。

株取引ならデイトレード

株は、キャピタルゲインを得る投資です。長期で持つ現物も一つのの方法ですが長く持つということは倒産リスクが高まります。
たった一つの悪材料によって売り込まれた株が、本業の業績も悪化したために倒産したケースもあり、その場合には単なる紙となってしまいます。
この観点からなるべく長期で保有せず、日々の値上がりを狙って取引するほうが倒産リスクはありません。
またデイトレードとして信用取引は以前は資金面での制限がありましたが、いまではFXと同様に何回転もさせることが可能なので、株のデイトレードもかなりしやすい環境になりました。
デイトレードの場合には、現物での取引ではなく、あえてFX同様にレバレッジを効かせて何回転もさせる信用取引をお勧めします。
信用取引では値上がりだけでなく、値下がりした場合の利益の出し方で空売りができます。
これは、下落局面において有効な手段でかつデイトレードでは、利益がでるとすぐに決済するので、空売りのポジションを翌日まで持ち越すことないので、買戻しされて値が上がっていく踏み上げに遭うことがないです。
踏み上げに遭うとたちまち値があがり、大きな損失を被ることが多いです。
またこの信用取引を一日何回取引しても、取引手数料が定額でそれも安いというネット証券もあり、何回転もすると取引手数料だけでもバカにならないことを考えると有利にデイトレードができます。
このようにリスクを最小限にして利益を積んでいくのがデイトレードですが、ここで注意しなければならないのは、ロスカットするタイミングを決して誤らないことです。
デイトレードは常勝の方法でなくリスクを減らして、少しづつ利益を何度も積んでいく投資の方法であることです。

デイトレードのメリットについて

株式取引の手法は、投資した銘柄を数ヶ月から数年単位で保有する長期投資、数週間単位で売買を行うスイングトレード、一日で売買を完了させるデイトレード、さらには保有時間が数分という超短期のスキャルピングまで様々です。
多くの種類がある株式の取引手法で、メリットが多い手法がデイトレードです。
デイトレードは、以前はギャンブルと変わらないと批判されることもありましたが、現在では認識が改まり株式投資で利益を出すための立派な手法として認められています。
デイトレードの最も大きなメリットとしてあげられるのが、保有銘柄を次の日に持ち越すことがないという点です。
一日で売買を完了させるため、市場が閉じるときには全ての銘柄を売却しており株式を保有していません。
つまり、その日の市場が閉じてから翌日の市場が開くまでに何が起きようと一切の影響を受けずに済むのです。
投資した企業が悪いニュースを発表したり、経済全体にとっての悪影響となる材料が出たとしても資産価値に影響がないのです。
そのため、オンとオフを完全に切り替えることができ、その日の市場が閉じたら株式のことを考えることなくリフレッシュできます。
また、場中でも銘柄を保有している時間が短いことはメリットになります。デイトレードでは銘柄を保有しているのは長くても1時間から2時間ほどになることが多いです。
つまり、自分の資金をリスクにさらしている時間が短いということです。
さらに、自分なりのタイミングで資金を投下してあっという間に回収するため、突発的な出来事による相場の変動があってもすぐに対応できます。
このようにデイトレードはメリットが多く、一つの手法として認められているのです。

デイトレードの陥りやすい罠

デイトレードは1日のうちにポジションを閉じる取引を指します。そのメリットはというと、オーバーナイトがありませんから、立会時間が終わったのちには常にノーポジションであることです。
株を保有していれば、相場の急変によって大きな損失を発生させてしまうことがありますから、常に相場の動きを意識することは必要でしょう。
何か大きなニュースが流れて相場が急変するときには、すぐにポジションを閉じるといったことが必要となります。
立会時間にニュースが流れれば、すぐにポジションを閉じることもできるでしょう。しかし、大引け後に大きなニュースが流れることは珍しくありません。
例えば、大引け後に決算発表が行われることは珍しくはありません。そうすると、翌日の寄りつきから相場が荒れることもあります。
デイトレードは、その日のうちにポジションを閉じますから、このような心配はありません。
しかし、立会時間であっても、大きなニュースが流れると相場が急変し、それによってポジションを閉じられないこともありますから注意が必要です。
例えば、株を持っている企業に対する悪いニュースが流れて、売り一色の状態になることもあり得るでしょう。
もしもそうなった場合には、売ろうと思っても買い手不在のために売ることはできません。
デイトレードであっても、その日のうちに売ることができなくなることもあるという点には注意が必要です。
デイトレードのつもりが、大きなニュースによってオーバーナイトに持ち越してしまう可能性もあります。
もしも金曜日の大引けに売ることができなければ、月曜日まで株を持ち越さなければなりません。その際の精神的なストレスは非常に大きいと言わざるを得ないでしょう。